雇用契約を締結することを目的

雇用契約を締結することを目的

派遣元の事業主と派遣社員との雇用契約を一旦解消させた上で、さらに派遣元事業主と派遣先事業主とが途中契約解除しなければなりません。これは派遣事業の切り替えが行われても同じことです。

人材派遣というのは、企業にとってとても魅力的な存在ですが、雇用契約締結においては注意すべき点もありますので、堅実と覚えておいてください。その一方で一般的な労働者派遣については、派遣契約期間の途中で派遣社員と雇用契約を締結するのは簡単ではありません。

その一方で派遣先事業主が派遣期間が終了してから派遣元事業主を介す事なく社員を直接雇用した場合には、紹介手数料派遣元事業主に支払う必要はありません。これを踏まえた上で、派遣契約期間中であっても派遣先事業主と、派遣社員とか雇用契約を締結することが可能になりました。

つまり非常にリスクが不廉ことなのです。紹介予定派遣というのは、派遣先事業主と、派遣社員とが雇用契約を締結することを目的としています。

こういったことからも、派遣先事業主が派遣社員に対して直接雇用をするという事は控えるようにして、派遣元事業主と派遣社員との雇用契約終了してから、堂々と直接雇用を行うようにしましょう。こういった行為を行うと派遣先事業主は派遣元事業主から損害賠償の請求をされる可能性もあります。

そのため紹介予定派遣においていえば、派遣契約期間中であっても雇用契約の締結はできるのです。直接雇用が決定した場合に、派遣元の事業主が職業紹介事業者なのであれば、紹介した場合の手数料の支払いが必要になります。


ホーム RSS購読 サイトマップ