請負人が指定の仕事を完成する

請負人が指定の仕事を完成する

人材派遣事業の切り替えが行われても同じです。人材派遣が派遣先で指揮をしてもらいながら仕事をするのとは異なり、請け負った事業者が指揮命令を行って業務の完了における責任を負うことになります。

では、人材派遣と請負にはどのような違いあがるのでしょうか。これは違法行為になりますので、人材派遣なのか、それとも請負なのかといことを明確にしなければならないのです。

また、労働者派遣事業を行う場合には厚生労働大臣の許可を受けなければなりません。原則として、事業としてはある程度自由に行うことができますし、印西派遣のように禁止されているような業務はありません。

請負というのは、民法においても定められているように、請負人が指定の仕事を完成することを約束しています。これは人材派遣と一部似ている部分があります。

人材ビジネスというのは人材派遣だけでなく紹介や再就職支援といった様々なサービスが存在しています。その中にある人材派遣は必要な時に、必要な人材を手にしたい企業にとってとても重要になるのです。

請負を業務形態として認識すると、雇用する社員を、自ら現場に出向かさせて依頼をした業務に従事させるようなこともります。仮に業務の発注を行った企業が請負企業の従業員にたいして指揮や命令を行ってしまうと偽装請負ということになります。

そして注文者が仕事を完成させた時点で報酬を支払う、ということになっているのです。この偽装請負は人材派遣であるものを請負として、人材派遣事業における許可や届け出を得ることなく行います。


ホーム RSS購読 サイトマップ