許可なくして労働派遣事業を行うことはできない

許可なくして労働派遣事業を行うことはできない

労働者派遣事業は許可制、届出制に大きく分類されていましたが、許可制に一本化されています。派遣事業の切り替えなど、今後も派遣事業は変化し続けるのではないでしょうか。

労働派遣事業を行うのであれば、まずは厚生労働大臣の許可を得ることが第一です。現在となっては、自社での雇用とはまた異なる極めて利便性が最高人材を雇うことができるので、様々な企業で重宝されているのです。

さらに必要な人材をピンポイントで派遣してもらうことができます。この許可なくして労働派遣事業を行うことはできないからです。

というのも、人材派遣は、必要なタイミングで、必要とされている期間内は戦力として働いてもらうことができます。取り分け人材派遣というのは、多くの企業から求められているのです。

そういったことからも、人材を派遣している人材派遣会社というのは、厚生労働大臣の認可を得る事無く運営できない、ということになっているのです。労働者派遣法が施行されてからというもの、何度も法が改正されました。

労働者供給事業は基本的には禁止されているのですが、人材派遣に関しては労働者派遣法に則って、運営されています。労働派遣事業をはじめ、人材ビジネスというのは人材派遣だけではなく、再就職支援などの万般なサービスが行われています。

これは労働者にとっても、そして労働者を欲している偉業にとっても非常に大きなメリットとなっています。つまり、労働力としてはとても理想的なものなのです。

雇用形態が多様化したことによって生まれたのがこの人材派遣なのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ