派遣契約が終了してから直接雇用

派遣契約が終了してから直接雇用

例えば派遣社員を雇用した場合であれば、1年以内に契約を打ち切ることができません。これは一見するとデメリットがあるように感じるかもしれませんが、すべての派遣社員にとって同じようにチャンスが得られるという事でもあります。

労働者派遣法というのは労働者派遣業を行っている派遣社員を規制するための法律でした。また派遣事業の切り替えによって3年以上同じ企業内で連続して働くことはできないのです。

忽ち契約を打ち切られてしまったり、自由度の最高派遣社員だからといって粗末な扱いを受けることがあったわけです。そのため派遣者を保護する、という文言が法律に加えられたのです。

それでいて給与の支払いはもちろん、福利厚生といったものに関しては一切ノータッチですので、企業にとっては煩わしい事は一切行わずに、戦力だけを手にすることができるために、多くの派遣社員が活躍できているのです。一定のスキルを持っていることによって、即戦力として働いてもらうことができます。

派遣社員というのは一般的な企業の社員に比べると非常に使い勝手が最善のです。その一方で使い勝手が申し分のないからといって、非常にひどい扱いを受ける派遣社員もいたのです。

しかし派遣切りが社会問題化したことによって派遣者に保護する法律として改正されたのです。しかし注意すべき点もいくつかあります。

企業に派遣されている派遣社員を、派遣契約が終了してから直接雇用するということは可能です。


ホーム RSS購読 サイトマップ