一般労働者派遣事業と特定労働者派遣事業

一般労働者派遣事業と特定労働者派遣事業

大半は派遣スタッフが自己負担で払うことになるのが一般的です。登録型は職業経験のある労働者が、人材派遣会社に登録をします。

交通費に関しては、人材派遣会社や案件によってそれぞれ支給されることもあれば、されないこともあります。手当て等はありません。

派遣スタッフは人材派遣会社に登録したとしても、確かに派遣される保証があるわけではありません。あくまでも企業が求めている人材であり、マッチした場合にのみ仕事をもらうことができます。

つまり水準が年々高まってきているということです。一般的には登録型と共用型と呼ばれます。

派遣事業の切り替えによって目まぐるしい状態ではありますが、こういったことから人材派遣というのは需要があるのです。そして派遣先企業が求めている人材に合致していれば、そのまま派遣されます。

ただ派遣事業の切り替えなど事業を取り巻く環境の変化が非常に甚だしい昨今においては、派遣先企業から登録型派遣スタッフに対して即戦力や専門性といったものを要求されることが非常に多くなっています。人材派遣というのは登録形で業務内容や就業条件といったものは非常に自由度が高く、契約期間外は拘束される事はありません。

その契約期間だけ人材派遣会社と雇用関係になります。しかし派遣スタッフの立場を考えると、業務内容や就業条件といったものを選択できる自由度が最高ため、複数の人材派遣会社に登録してることが幾多のです。

人材派遣には一般労働者派遣事業と特定労働者派遣事業との2つがあります。派遣の場合賃金は時間給と実労働時間から算出されます。


ホーム RSS購読 サイトマップ